タカの渡り

この週末は白樺峠に行きました。

天候が悪く、1日最大で数百羽しか渡っていなかったため、
晴天に恵まれた週末は多くの人が期待をしていました。

あいにく24日は曇り空で、渡りではなく白樺峠周辺を飛びまわっていました。
タカ柱は見られないものの、ハチクマが広場の近くを飛びまわり、
間近で観察を楽しめました。

IMG_6298.JPG

25日は、朝から晴天で、9時~10時までは広場の下から湧き上がる
様子を楽しむことができました。
その後は、遠方でタカ柱が発生し、渡っていく様子が観察できました。

IMG_6770.JPG

IMG_6916.JPG

そんな中、大型の猛禽が飛んでいることに気が付き、
望遠鏡で観察すると、クマタカとイヌワシでした。

とても幸せな時間を過ごせました。

~確認した野鳥~
アオバト、ハリオアマツバメ、アマツバメ、ミサゴ、ハチクマ、
トビ、ツミ、ハイタカ、サシバ、ノスリ、イヌワシ、クマタカ、
オオアカゲラ、カケス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、
ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ゴジュウカラ、コサメビタキ
キセキレイ
posted by ぼちぼち at 21:08Comment(0)日記

有明海

この連休は有明海に遠征しました。

観察に適した時間は、満潮時刻の2時間前から。
引き潮になると、あっという間に干潟が広がり、シギチドリは有明海にちらばって
観察しにくくなってしまいます。

満潮時は、堤防の上から観察します。
IMG_5452.JPG

一斉に飛びまわるシギチドリの群れは、いつ見てもわくわくします。
IMG_5466.JPG

飛翔時だと識別しやすいホウロクシギとダイシャクシギ。
下背、腰、上尾筒が白いのがダイシャクシギ、茶褐色がホウロクシギ。
IMG_5583.JPG

アオアシシギとコアオアシシギも、並んでくれるとその大きさが違うのでわかりやすい。
見慣れていないと、単独でいた場合見わけがつくのか少し不安になります。
IMG_6143.JPG

そして、多くのバードウォッチャーをにぎわせていたのがカラフトアオアシシギ。
5個体いたとのことでしたが、私は4個体までしか確認できませんでした。
IMG_5517.JPG

今回はヘラシギを見たくて訪問しましたが、残念ながら見つけることができませんでした。
ただ、トウネンを見るたびにドキドキがとまらず、とても楽しいバードウォッチングでした。

帰り際、佐賀空港近くの空き地でカササギが騒いでいました。
IMG_6170.JPG

~確認した野鳥~
オナガガモ、キジバト、ゴイサギ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、ヘラサギ、
クロツラヘラサギ、バン、アマツバメ、ムナグロ、ダイゼン、シロチドリ、メダイチドリ、
オオメダイチドリ、オオハシシギ、オグロシギ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、
ダイシャクシギ、ホウロクシギ、アカアシシギ、コアオアシシギ、アオアシシギ、
カラフトアオアシシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、オバシギ、
コオバシギ、トウネン、ウズラシギ、ハマシギ、キリアイ、エリマキシギ、クロハラアジサシ、
ミサゴ、ハチクマ、トビ、カササギ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒバリ、ツバメ、
ヒヨドリ、エナガ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、ホオジロ
posted by ぼちぼち at 11:48Comment(0)日記

多摩川

今日はいつもの多摩川を歩きました。

気温は30度を超え、蒸し暑い日で、鳥たちも口をあけて暑そうにしていました。

中州にはイカルチドリが5羽いました。

ハシボソガラスが周りをうろうろしていると
頭をあげるので、頭をあげたときだけ姿が少し見えました。

しばらく見ていると、
近くの木にドバトがやってきました。

いつ見ても、首の色は綺麗でした。
IMG_5352.JPG

~確認した野鳥~
カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、
ダイサギ、チュウサギ、コサギ、イカルチドリ、トビ、
ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、
ヒヨドリ、ムクドリ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、
セグロセキレイ、カワラバト
posted by ぼちぼち at 20:36Comment(0)日記